大阪の税理士事務所を厳選紹介

法律の専門家である弁護士が解決できるトラブルとは?

裁判所

借金にも時効がある!時効の援用とは?

借金は時間が経過すれば消滅しますが、時効の援用手続きを取らなければ自然に消滅することはありません。まずは時効の援用手続きが取れる条件を調べておきましょう。借金は一定期間返済を行わなければ帳消しにできますが、数年間返済を行わない期間を作らなければならないので注意しましょう。一定期間が経過した後に、債権者に対して時効制度を利用する意思表示をすることを、時効の援用といいます。この時効の援用を以って初めて、借金が消滅したことになります。

天秤

相続に関する悩みは弁護士に相談しよう!

法的手続きは、専門的な知識が必要となる上に複雑です。中でも遺産相続に関する手続きは複雑な上に、不動産や骨董品など取り扱いが難しいものを譲り受ける場合には、特別な手続きが必要となります。また、争続ともいわれるように親族間で遺産を巡ったトラブルが勃発することもあるので、あらかじめ専門の弁護士に依頼しておくと安心です。

複数の人

優秀な弁護士を探す方法

一番安心できるのは、友人や知人から紹介してもらうという方法です。実際にお世話になった人からの紹介であれば、評判が聞けるので安心して依頼できますが、弁護士を知っている人がいなければインターネットで検索しましょう。インターネット上には口コミや評判が掲載されているので、参考になります。自分の相談したい内容に特化した弁護士を探して相談してください。

慰謝料請求の悩みをプロに相談!

弁護士への相談が多いトラブルの内容4選

握手

相続や遺言など遺産に関する相談

高齢化が進む現在、相続問題に関する法律相談件数も増えています。遺産相続を巡って親族間で争うこともありますが、遺産争いを回避するために事前に遺言状を弁護士に託す人も増えています。死後に大切な家族の関係が壊れてしまうことがないように、生前贈与などで遺産を整理しておきましょう。

離婚など男女関係に関する相談

男女の問題で一番多いのが、離婚に関するトラブルです。浮気や不倫のように明確な理由もあれば、コミュニケーションの不足など離婚の理由は人によって異なります。それぞれ適用される法律は異なるので、円滑に離婚できるように弁護士を頼りましょう。

債務整理など借金に関する相談

債務整理でも任意整理から自己破産まで、様々な方法があります。解決策を模索するのは容易ではないので、借金の返済に困ったときには弁護士を頼りましょう。借金に関しては無料で相談に乗ってくれる事務所もあるので、お金がなくとも相談できます。

消費者被害に関する相談

アダルトサイトから不当に料金を請求されたり、虚偽の電話でお金を振り込むよう促されるなど、詐欺に関する質問は年々増えています。怪しい通知を受け取ったら、すぐにお金を支払わずにまずは疑いましょう。見に覚えのない場合や詐欺だと気付いた時には、警察や弁護士に相談してください。

弁護士なら警察が対処できない問題も解決してくれる!

警察は事件性がなければ対処してはくれませんが、弁護士は依頼さえすればトラブルを法的に解決してくれます。時には莫大な費用はかかりますが、お金と時間をかけて相談すればそれ以上の成果が期待できるでしょう。何か問題が起こった際には、弁護士を頼りましょう。

時効の援用に関する疑問にお答えします!

弁護士バッジ

時効の援用はいつから適用されますか?

時効成立のタイミングは、督促状などから判断できます。返済期日から5年が経過していれば成立していると思われるので、弁護士に相談してみましょう。返済期日の他にも、弁済期日や支払期限、次回支払日などの文言で書かれた日付から5年が経っていれば、時効が成立していると考えられます。

時効が成立しているか調べる手段はありますか?

基本的にはクレジットカード会社からの通知を見ればわかりますが、弁護士や司法書士に依頼すれば、クレジットカード会社に問い合わせて取引履歴を開示してもらえます。最終履歴から5年が経過していれば、時効は成立していると考えていいでしょう。

裁判を起こされても時効の援用手続きを取れば適用されますか?

訴訟を起こされても、時効の援用は行なえます。裁判所から通知が来ても、答弁書で時効の援用制度を利用することを伝えれば訴えを取り下げてもらえるでしょう。手続きの方法などは身近な弁護士事務所に相談しましょう。

時効の援用をするとブラックリストに乗りますか?

時効の援用制度を利用すると、信用情報に記載されることになります。しかし、一般的には5年から10年程度で情報は削除されるといわれています。信用情報には関係機関が保有しているものと、各クレジットカード会社が保有しているものの二種類があり、必ず10年以内に消去されるというわけではないので注意してください。

時効の援用をするとクレジットカードは作れなくなりますか?

状況によって異なりますが、信用情報に時効の援用制度についての記載があると、クレジットカードの発行は難しいと思われます。しかし、一定期間を越えれば、会社によってはクレジットカードを発行してもらえることもあるので申し込んでみましょう。いずれにせよ、一生クレジットカードが持てなくなるという可能性は低いといえます。

港区にある税理士がオススメ!

[PR]
離婚トラブルは弁護士に相談!
プロが最良の解決策を提示してくれる!

[PR]
横浜の過払い金に強い業者はココ!
一人一人に合った解決法を伝授?